矯正治療中はここに気を付けましょう

矯正治療中は、歯に装置を付けたままの状態が長く続くため、装置の周辺には食べかすが残りやすくなってしまいます。虫歯や歯周病になりやすくなるため、矯正治療中はとくに丁寧なブラッシングが重要です。

治療中に健康的な口腔内を保てるよう、当院では、矯正装置を装着した歯の模型を用いたブラッシング指導を行っています。正しいブラッシング方法を身に付けて、健康な歯を維持しましょう。

冨永矯正歯科のブラッシング指導について

歯ブラシの種類

歯ブラシには種類があり、口腔内の状況や装置の種類などによって使い分ける必要があります。当院では、患者さんの口腔内、治療計画に基づき、適切な歯ブラシをご提案いたします。

山型歯ブラシ 毛先が山型になっており、装置と歯の境目やスプリング等の複雑な部分など、細かい所をブラッシングするのに適しています。
谷型歯ブラシ 毛先が谷型になっており、装置を傷めず、包み込むようにブラッシングすることができます。
歯ブラシの持ち方

鉛筆を持つイメージで歯ブラシを持ちましょう。無駄な力が抜け、ちょうどよい強さでブラッシングできます。

ブラッシング方法

矯正装置を中心に歯を上と下に分けてブラッシングするようにします。歯ブラシを歯面に角度を付けて当て、軽い力で横に往復させます。歯と歯肉の境目に汚れが残っていると歯周病になりやすいので、毛先がしっかり境目に当たっていることを確認しながらブラッシングしましょう。

ブラッシング方法

当院では、写真のようなブラッシングセットをお配りし、ブラケット(歯に取り付けるタイプ)用と、マウスピース(取り外しができるタイプ)用の2タイプに分けて、ブラッシング指導を行っています。

矯正期間中、気を付けてほしい食べ物について

キャラメル・ガム・お餅など

歯に付きやすい粘着性のある食べものは装置にからまりやすく、一度からまると取れにくいので注意が必要です。小さくちぎって食べるなど工夫しましょう。

氷・アイスキャンディー・ナッツ・おせんべいなど

硬いものは装置が外れることがありますので注意が必要です。小さく砕いて食べるとよいでしょう。

色の濃い食べもの

矯正治療中は、歯の表面の装置に針金を留めるための小さいゴムのリングを使用することがあります。日常の食事で少しずつ着色するものですが、とくにカレーなど色の濃いものを食べると一度でかなり着色してしまうため注意が必要です。調整時に定期的に交換していますが、お急ぎの場合は、ご連絡のうえご来院いただければ、リングの交換を受け付けています。

――矯正治療が終わったら――治療後のメインテナンス・注意点についてはこちら