矯正装置が外れたらそれで終わり・・・ではありません

矯正治療後しばらくの間、矯正で動かした歯は非常に不安定な状態で、何もしないで放っておくと元の位置に戻ろうとします。そのため、矯正装置を外した後は、保定装置(リテーナー)を装着する「保定期間」が必要になります。なお、人前で装着しづらい方のために、歯の裏側に装着するタイプもあります。見た目が気になる方はご相談ください。

保定期間について

保定期間について

保定期間としては、矯正装置を付けている期間にもよりますが、一般的には2~3年間を必要とします。また、口腔内の様子やリテーナーをチェックするために定期的な通院も必要になります。当院では、保定期間中の通院を約3ヶ月に1回とし、徐々に間隔を延ばして(1年に1回程度としています)おります。なお、リテーナーは使用するなかで破損するケースもありますので、もし壊れた場合はすぐにご連絡ください。

リテーナーの取り扱いについて

  • 装置は取り外し式になっています。飲食(おやつ等も含む)時には取り外してください。
  • お手入れ時は流水ですすぎ歯ブラシで清掃しましょう。臭いや汚れが気になる場合は装置は取り外し式になっています。飲食(おやつ等も含む)時には取り外してください。、洗浄剤を使ってください。
  • 熱に弱い素材でできています。熱湯消毒はしないようにお願いします。
  • 紛失や変形を避けるために、必ずケースに入れて保管してください。

» リテーナーについて詳しくはこちら

――きれいな歯並びに整えたい!――成人矯正についてはこちら

――お子様の歯並びが気になる方へ――小児矯正についてはこちら