歯と歯の隙間が気になる(すきっ歯)

「イー」と発音したときの前歯の様子はどうなっていますか? いわゆる「すきっ歯」といわれる状態には、前歯2本の隙間が目立つ「正中離開(せいちゅうりかい)」、奥歯も含めた歯全体が開いている「空隙歯列(くうげきしれつ)」などがあります。

ちなみに、永久歯が生えてくる前の乳幼児のすきっ歯は、乳歯よりも大きな永久歯が生えてくるスペースを確保するためですので心配いりません。隙間があるおかげで永久歯がきれいに生えそろうのです。

すきっ歯の症例

術前

術後

歯を閉じたときにできる隙間が気になる(開咬)

正常な噛み合わせの場合は、奥歯を噛み合わせると上の歯列が適度に下の歯列に被さるのですが、前歯が噛み合わずに上下で隙間ができる歯並びを「開咬(かいこう)」といいます。開咬の状態では、前歯で食べものが噛み切れなかったり、発音が不明瞭になったりします。原因としては、幼少の頃の指しゃぶりや舌を出す癖、口呼吸のほか、遺伝のために下顎の成長方向が悪いことなどが考えられます。

開咬の症例

――すきっ歯、開咬を治したい――ご相談・ご予約はお気軽にどうぞ