八重歯やデコボコの歯並びが目立つ・気になる(叢生)

歯が歯列からずれたり、重なったりして、全体的に歯がデコボコしている状態を「叢生(そうせい)」といいます。原因は、顎の大きさと比較して歯のサイズが大きい場合と、歯のサイズと比較して顎のサイズが小さい場合があります。
更に、乳歯の生え変わりが正常におこらなかった場合も起こりうると考えられます。

叢生を放っておくと、顎関節にかかる負荷が増大し、噛み合わせにもトラブルを引き起こすことがあります。また、歯が磨きにくく、歯周病のリスクが増加します。

叢生の症例

術前

術後

歯を閉じたときに下の歯が見えない(過蓋咬合)

正常な噛み合わせの場合、噛み合わせると上の歯列が適度に下の歯列に被さる程度なのですが、深く被さりすぎて下の歯列がほとんど見えない歯並びを「過蓋咬合(かがいこうごう)」といいます。

過蓋咬合は、「下の歯が上顎の内側に当たり歯の根元や歯ぐきを傷付ける」「噛み合う力が強すぎて前歯がすきっ歯になる」「歯周病になりやすい」といった問題があります。また、顎関節への負担がかかるため、「口を開けにくい」「顎の関節がカクカクと音がする」など、顎関節症に悩まされる原因になることもあります。

過蓋咬合の症例

――叢生、過蓋咬合を治したい――ご相談・ご予約はこちら